2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の沈痛

祓詞
 掛け巻くも畏き親神天理王命の宇豆の御前に恐み恐みも白さく
 今し吾伴タマコさん故のご母堂大人の御霊遷の業に仕え奉る 家族親族諸人が意わずも犯しけむ心違いに 又見触れ聞き触れけむ埃等のあらむおば 朝の御霧夕の御霧を朝風夕風の吹きらす事が如く麻のさやぎのさやさやに祓い給い清め給い
 わられ汝大人はもかりものという世の習い得免がれ 心残れるこれの映しよをそ退向になされしは悲しとも悲し口惜しきとも限りにぞさるい 偲びけき袖の涙をしぼり謹み、吾々もろもろ手のまがい足のまがいあらしめ給わずの業、元来たがわず美わしく仕え終えしめ給えと慎み敬い難かいいて白す
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://warusuzaku.blog100.fc2.com/tb.php/28-bb10e498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朱雀

Author:朱雀
神恩如海 神威如獄

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

奶瓶君

伯爵

ミュウッジク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。