2018-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不得不停留之4月總結

恍然間已是4月。

(當經歴了那些不能忘却的悲歡離合;當時間沉澱一切,留下匆匆的回憶;當回首往事臉上浮起亦苦亦甜的笑容,在感嘆時光荏苒的同時,總讓人下意識的細數這段時間的收穫,于是記憶仿佛成了見證存在的登記簿,漸久漸實。)

最近在看新田先生的《公使閣下的秘密外交》。新田先生筆下的人物都有著非常鮮明突出的性格。吉永的睿智沉穩和伶牙俐齒差點讓我以爲他才是攻方……對于白石這位不久即將成爲内弟的同僚,吉永的對待方式是將其玩弄于股掌,而這之于他的美麗他的聰明,給人更多的感覺是媚惑——
{01F6FC4A-0F32-4931-A2A3-507BFE27E1D0}.jpg

他或許早在登門求婚時便『注意』到了白石,于是命運的齒輪再次旋轉……
白石的懦弱,或者説理智,大概是真正讓自己被吉永吃的死死的原因。

觀cast。

新田先生似乎自02年于mori初遇就被其『讓人幾乎暈倒』的光芒吸引著(By新田佑克原作《擁抱春天的羅曼史》卷4)。從岩城到秋月,從川到吉永,森川在新田先生作品中的角色無一不是女王受的化身。其實浜田役的白石才是這次新作真正値得注意的所在——按照原作劇情那段由吉永一手策劃的『強制愛』是個非常大的看點……無論從情節和設定兩方面都深刻吸引著我。(説白了這個人就是在期待H……)

艷受的mori,小浜,你能壓得住麼^_^。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://warusuzaku.blog100.fc2.com/tb.php/6-0b6561c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朱雀

Author:朱雀
神恩如海 神威如獄

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

奶瓶君

伯爵

ミュウッジク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。